2014年の目標

明けましておめでとうございます。

毎年何だかんだでばたばたしていて、ろくに目標も何もたてないままずるずるとお正月が終わってしまっていましたが、今年こそは。そんなわけで2014年の目標をたててみたいと思います。

こんな1年にしたい

ももいろクローバーZさんのGOUNNという曲が大好きです。

この曲の、

ほんものの奇跡は よい因果応報の果て

の部分が大好きなので、2014年は「よい因果を詰み重ねたと言えるような1年」にしたいと思います。

よい因果って何やねんっていうのは正直よく分かりません。でもなんか、今年のわたし頑張ったわーと思えたら、結果の如何に関わらずお酒を今よりもっとおいしく飲めるようになるんじゃないかなって(今もおいしいけど)。

あと、「できたらいいけど、わたしには無理」と思っていたことにもう一度対峙して、「やっぱり無理だった」ってなるかもしれないんですけど、わたしにできること/できないことを今一度整理してみたいというか、なんかそんな気分です。

具体的にいくつか目標をたててみます。

目標1:痩せる

やろうやろうと思いつつ、結局まともに実行したことのないダイエット。たまに自然に痩せるのを待つのみで、自分の意志で痩せたことは無く。今年こそは自分の意志で体型をコントロールしてみたい。

最近飲み会の連続で4キロくらい太ってしまったので少なくとも4キロくらいは痩せたいです。

運動(筋トレ?)も多少しようと思いますが、何よりもまず、お腹がすいている/すいていないに関わらずそこに食べ物があると食べてしまう、というひどい悪習を断ちたい。ほんとうに反射的に食べ物を口に入れてしまうんです……動物かわたしは。はやく人間になりたい。

筋トレに関しては、シェイプアップ応援ゲーム ねんしょう! for GirlsというアプリをiPhoneに入れてみたので、これを活用してみるのもいいかなと思っています(イケメンが「おい、デブ」とデブなわたしを罵ってくれるアプリ)。

わたし腹筋すると尾てい骨のところが擦れて擦り傷が出来てしまうんですが、これって多分おしりの筋肉が無いからですよね……。尻筋つけたいです尻筋。でもどうしたらいいんだろう。

目標2:綺麗な肌を手に入れる

物心ついたときから肌が汚くてそれがずっとコンプレックスなんですけど、コンプレックスなくせして特に何も解決する努力をしてきませんでした(これがわたしのものすごく良くないところ)。今年こそは努力してみます。努力しても無理だったら泣いてあきらめます。

なんだか既に無理な気がしてて怖くて実は今ちょっと泣いています。頑張っても治らなかったらどうしよう……。(こんなメンタルだから肌が荒れるのだろうか。でもポジティブになんてなれない)

とりあえず今度皮膚科行ってきます。

目標3:部屋を綺麗に保つ

ちょっと掃除機をかければすぐに人を呼んでも大丈夫なくらいには常にしておきたいです(今までどのくらいひどかったのかは内緒)。

人を呼んでも大丈夫になったところで呼ぶ人なんていないんですけどねー。

目標4:できるだけ自炊する

早起きしてお弁当も作れたらベスト。(一時期やってたけど最近さぼってました)

料理自体は好きなので、生活に時間的余裕があれば続けられるはず。

目標5:家計簿をつけ続ける

去年の秋ごろから家計簿つけてます。この習慣を続けたいです。

家計簿にはこのアプリを使っています。
家計簿Zaimレシート読取が無料・簡単にお財布のお金を節約貯金・お小遣い帳の支出管理、節約に便利な人気無料アプリ

目標6:たくさん寝る、ただし二度寝はしない

たくさん寝るだけでものすごく生活の質が上がるような気がするので、2014年はたくさん寝たいと思います。

はやく布団に入れるように日々のタスクを計画的にこなしていきたいです。飲み会以外で徹夜はしたくない!

目標7:水分をたくさん摂る

わたしは意識的に水を飲まないと全然水分を摂らなくてカフェインばかり摂取してしまっていて。我ながら身体の中がどろどろなんじゃないかって気がするので、今年は水を飲む習慣をつけたいと思います。

お弁当作るついでに水筒にお茶入れて持っていくようにしてみよう。(今まではタンブラーに珈琲を入れて持ち歩いてました……)

まとめ

あとからこっそり増やしてるかもしれないですが(減らしはするまい)、今のところ2014年の目標は以下の7つです。

  1. 痩せる
  2. 綺麗な肌を手に入れる
  3. 部屋を綺麗に保つ
  4. できるだけ自炊する
  5. 家計簿をつけ続ける
  6. たくさん寝る、ただし二度寝はしない
  7. 水分をたくさん摂る

こうしてまとめてみると、「少しでも外見のコンプレックスを減らしたい」「ちゃんとした生活ができるようになりたい」というのが2本柱のようです。

この2つを軸に、2014年、頑張れたらいいなと思います。

<

「名前とメールアドレスを入力」または「ツイッター等のアカウントでログイン」することでコメントを残せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サイト内検索

up!